Wednesday , November 20 2019
Latest Article
Home / Japanese Health / What does blue light do to your eyes?
What does blue light do to your eyes?

What does blue light do to your eyes?

スマートフォン、パソコン、朝起きてから寝るまで、どのくらい見ていますか?画面から発せられるブルーライトを気にしたことがあるでしょうか?

ブルーライトとは、490nm程度の波長で、人間の目で見ることのできる光の中で最も波長が短く、紫から青色に見えます(400nmより短くなると紫外線)。太陽光にも豊富に含まれており、体内リズムをコントロールする、気分を高揚させる、注意力を高める、といった利益をもたらしてくれます。                                そのブルーライトは、パソコンやスマホ、タブレットなどのディスプレイからも発せられています。ブルーライトは、目に入るとほとんどが網膜に達することが知られており、網膜への影響を心配する声もありますが、ブルーライトが人間の目に特定の病気を引き起こすことを示した研究は、これまでのところありません。しかし、眼科学会(米ハーバード大学などの研究者)では、次のような声明を出しています。

体内時計を狂わせ、スムーズな寝つきを妨げる

目の網膜には、光の色、明暗を感知する二つの視神経が存在します。近年この他に、第三の細胞視が発見され、サーカディアンリズムという体内リズムをコントロールする役割を果たしていることが分かってきました。ブルーライトによって、目が、体内リズムをコントロールしているのです。つまり朝から晩までブルーライトを浴びていると、体内時計がおかしくなってしまい、睡眠の質の低下、病気のリスクが高まってしまいます。ブルーライトは、健康を維持するために重要な働きを果たしている光なのです。そして目と強い関係があるのです。

 

強いドライアイを引き起こす                             また液晶画面を見続けることにより、まばたきの回数が減り、目のかすみや乾燥、疲れが出やすくなる人も増えています。また、肩こり、腰痛にもつながります。

ブルーライトをカットするレンズ、フィルターを使うなどして、ブルーライトと上手に付き合っていくことが大切です。

About hfm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>