Tuesday , October 16 2018
Latest Article
Home / Blog / Can computers Hurt Your Eyes?

Can computers Hurt Your Eyes?

毎日のようにパソコンやスマホを使う現代。非常に目を酷使している状態にあります。特に、コンピューターの画面から発しているブルーライトが問題になっています。ブルーライトの放出量が最も多いのが、現代人の必須アイテムでもあるスマホです。続いて、DSやPSPなどのゲーム機、PC、液晶TV、ブラウン管TVの順です。ブルーライトを長時間浴びると人体に影響を及ぼすといいますが、どんな影響を与えるのか知っていますか? <ブルーライトが与える影響> 眼精疲労の原因は、パソコン・スマホの使いすぎ、つまりブルーライトの影響ともいわれています。ブルーライトは490nm(ナノメートル)と光の波長が短く、大きなエネルギーをもつ光です。普通の光は網膜まで届きませんが、ブルーライトは、網膜を傷つける波長とほぼ同じくらいなので、年齢とともに網膜が傷つき視力が低下する加齢性黄斑変性症の原因となると言われています。また、青い光は大気中で散乱しやすく、ピントを合わせるためだけでも目の筋肉に負担をかけます。その他、脳の視床下部のホルモンの分泌にも影響を与えます。長時間浴び続けていると、頭痛や睡眠障害を引き起こしたりします。そして、最近多いのがドライアイです。画面を凝視している時の瞬きの回数は、通常より1/3程度減るといわれています。ストレスからの睡眠不足のほか、ブルーライトの影響でドライアイになる人が増えています。 デスクワーク中心の仕事の人は、一日6時間以上PCに向かっているかと思います。1日にPCやスマホ・タブレットを使用する時間が4.5時間以上だと視力に影響するといいますが、6時間以上の使用となると更に視力が低下する可能性が高くなります。 仕事上、パソコンが必要なのは仕方がないとして、プライベートの時間になるべく目を休める努力をすることが必要です。特に子どもの使用は、時間に制限を与え休憩させながらが望ましいです。

About Gloria Wu

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>