Monday , September 16 2019
Latest Article
Home / Japanese Health / Age-related Macular Degeneration(AMD)
Age-related Macular Degeneration(AMD)

Age-related Macular Degeneration(AMD)

加齢黄斑変性って何ですか?                             モノを見るときに重要なはたらきをする「黄斑」という組織が、ダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として受け取り、その信号を脳に送るために視神経に伝達します。その網膜の中心部分が「黄斑」で、その黄斑の中心は最も感度が良く、すり鉢のようにくぼんでいます。

症状は?                                      「黄斑」が変化すると「モノがゆがんで見える」「視野の中心が暗くなる・欠ける」「視力が低下する」などの症状が出ます。多くの場合、片側の目に現れますが、見えにくさは残りの目で補うため、異常に気付くのが遅れる場合もあります。

どうして加齢黄斑変性になるのですか?                        加齢黄斑変性は、加齢に関係が深い病気だと言われています。また、喫煙、太陽光による酸化ストレス、食生活の偏りなどの危険因子が病気を誘発するとも言われています。

検査について                                         視力検査の後、眼底検査(photo)、OCT、蛍光眼底造影(FA)などを行います。

予防できないでしょうか?                                                                                        日常生活では、危険因子をなるべく取り除くことが大切です。なかでも喫煙は確実な危険因子です。紫外線によって視細胞が傷むことが、黄斑の老化に関係するとも言われています。屋外では帽子をかぶり、サングラスをかけましょう。予防効果のある食品は、ビタミンA、C、Eなどやルティン、亜鉛、不飽和脂肪酸などが知られています。

Age-related これを見て歪んでみえるようなら、眼科を受診してください。

About hfm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>