Sunday , December 16 2018
Latest Article
Home / Blog / 網膜静脈閉塞(へいそく〉#2

網膜静脈閉塞(へいそく〉#2

「血圧が高く、目の中に出血があるといわれた、floaterが見える」となればまず、この病気が考えられると先月お話しました。これは、老廃物を流す血管のつまりからくる網膜の病気で、血圧の高い50歳以上の年配の方に起きやすいです。また、糖尿病、緑内障の方も発症しやすいです。今回は、検査方法と治療法について説明したいと思います。

■ 検査
(1)Photo
血管のつまりがあるかを知るための眼底検査で、網膜の表面の状態の写真をとります。
(2)OCT
Photo だけでの判断が難しい場合、これを行います。網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定したりすることができます。表面から見ても分からなかった網膜の異常が発見できるのです。
(3)FA (Fluorescein Angiogram)
腕から造影剤を入れ、強い光をあてて目の奥の血管や網膜の連続写真を撮影し、網膜の異常を調べます。これは、高血圧や糖尿病による血管の変化を見る上では、欠かせない検査です。

■ 治療                  
視力の低下がない場合:経過観察します。出血は基本的に治療せず、出血が吸収されるのを待ちます。この間に何か異常を感じた場合、速やかに受診してください。
視力が低下した場合:出血による網膜のむくみによる視覚障害が起こった場合は、主に次の4種類から、眼の状態に適したものが選ばれます。                       
1VEGF抗体 (一番新しい治療法です)
2)レーザー                                   
3)ステロイド薬                             
(4)硝子体手術

この病気は、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を持っている方に発症しやすいです。まずは、これらの病気をコントロールすることが大切です。網膜静脈閉塞は、多くの場合で網膜の動脈硬化がきっかけで発症します。これらによる血管の変化は、自覚症状としてあらわれなくてもphotoで確認できるため、生活習慣病のある方は、定期的に眼科で検査を受けることをお勧めします。網膜の変化にいち早く気づき、早期に対処した方がより良い治療効果が望めるはずです。

About Gloria Wu

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>