Wednesday , November 20 2019
Latest Article
Home / Japanese Health / 紫外線と目
紫外線と目

紫外線と目

暑い日が続いています。日焼け止めなどで肌への紫外線対策を行っている方も多いのではないでしょうか。しかし、目への紫外線対策を行っている方は、それほど多くないように思います。紫外線は皮膚だけでなくにも影響を与え、日焼け同様、目にも炎症を起こします。

目への紫外線の影響

角膜や水晶体などの組織は、紫外線を吸収して目を守る働きをもっていますが、紫外線は浴びるほど目の中に蓄積されるので日常的にを守ることが大切です。次の目の病気は、加齢による部分大きいですが、紫外線も影響を与える1つと考えられています

慢性的な充血・・・酷いときには目に痛みを感じ、ドライアイを引き起こす。

瞼裂斑(けんれつはん) pinguecula・・・白目の部分が隆起し黄色く変色。目のシミ。

翼状片(よくじょうへん)pterygium・・・白目の角膜から白い三角形の組織が黒目にかかってくる症状光の通り道を邪魔して見えにくくする

白内障cataract・・・レンズの役割をする水晶体が濁って視力が低下。

紫外線対策

紫外線の悪影響を防ぐには、浴びすぎを防止することです。紫外線が一番強くなる昼前後では、太陽が高い位置にあるため、帽子が有効です。帽子の着用により、目に入る紫外線量を約20%減少させることができると言われています。もちろろん、紫外線をカットできるサングラスやコンタクトレンズの使用効果的です。夏だけでなく、一年中対策をしてください。そして、成長過程にある子供の目は、大人より影響を受けやすいと言われていますので、紫外線から守ってあげてください。

サングラスでは、色の濃い方が紫外線を防いでくれるような気がしますが、濃い色には瞳孔を開かせる効果があるので、より多くの紫外線が眼内に入ってしまいます。紫外線カット率が同じであれば、薄い色のサングラスを選ぶ方が良いでしょう。

About hfm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>